流石にここまでとは思ってなかったよ

遊戯王VRAINS 第46話「未来を描き出すサーキット」



最終決戦だし当然ファイアウォールも登場! しただけ!
……本当に何の効果も使ってないし、今回は攻撃すらしてないからな!!
何故ここまでファイアウォールが活躍しないのかといえばやっぱり効果が問題なんだろう。
主人公の切り札なのにバウンス効果なんて持ってるせいで、大抵の布陣はバウンスして解決。それじゃあんまりだ。
守護竜らしくもっと防御的な性能だったなら、そこから他の逆転手に繋げる、主人公の相棒っぽい活躍が……いや言っても仕方がない。


遊作は了見を仲間にしようとするが、了見はイグニス抹殺を止めるつもりはなく、去っていく。
どんな状況で戻ってくるのか楽しみ。


Aiとの別れも湿っぽくならないのがいいね。
草薙さんは……弟を救う方法を探すのだろうか。


そんなわけでVRAINS一年目終了。面白かった。
総集編は多かったけど、その代わりに安定して面白い。今ならわかる、このありがたみ。
二年目は日常回とかギャグ回みたいなのをちょくちょく入れる余裕がある展開だと嬉しいな。



次回は新生LINK_VRAINSで事件!?
あれからのみんなの日常と、新たな敵に注目だ! イントゥザヴレインズ!!