やっぱり戻ろうぜ舞網に

遊戯王ARC-V 第113話「修羅の渇望」



勝鬨出してまた残念発言をさせたいだけなんじゃないかと訝しんでいたら、
レベルが攻撃力になる効果で「レベル0」の意趣返しをしたり、想像よりちゃんとした再登場だった。すまねぇ!


Aカードを粗方取り尽くすほどにアクションしまくりなデュエル。
勝鬨のリアルファイトによるAカード取得妨害は、当時は好きじゃなかったんだけど、
今は何故か歓迎している自分がいる。多分リアルファイトより不条理な展開だらけなのが原因だな!
やっぱりAカードはお互いが取り合ってこそだし、
アクションデュエルは動きがあってこそだと強く再認識できたデュエルだった。
シンクロ次元に飛んでからのアクションデュエルは、アクションフィールドがクロスオーバーで固定になって、アクションの舞台としては殺風景極まりない色々物足りなかった(今回のデュエルは広場をうまく活かしてた)し、
アクションデュエルに馴染みのない相手ばかりで、一方的に恩恵を受けるデュエルが多かったし(それを狙ってるのがランサーズなんだけど)、
デュエリストやモンスターのアクション成分もだいぶ少なくなってしまって、それで楽しめなかった部分が大きいのかなと。
うーん、やっぱり舞網が恋しい……。


観客の拍手喝采で勝鬨もようやく光の道を歩めたか。
あのデュエルの清算としては申し分ないデュエルだった。
……しかしユートお前やたら他人事だな! 邪悪なエクシーズドラゴンとか言われてるぞ!
いや「俺をキレさせているのはユートじゃない」とは言ってたけども!


次回はデニスVSカイト! 因縁の黒咲は寝てます! なんで!?
超銀河とかデニスに勝ち目なし! でもショーマストゴーオン! お楽しみはこれからだ!!